秋バラ尽くし8

ドミニク・マサド氏作出のバラ

「ジョルジュ・ダンジャン」Dominique Massad 作出 フランス 2005年

鮮やかで温かみのある黄色。サフランイエローと言われたりします。

咲き進むとずいぶん印象が変わって、ほんわりと優しげに。

 

ツタ紅葉とバラ

「KIZUNA」Dominique Massad 作出 フランス 2012年

 

2011年の東日本大震災の後に、フランスのオールドローズ協会から日本に送られたチャリティローズです。

Massad氏はフランス・リヨンのバラ育種会社ギヨー(Guillot)でオールドローズの特性を生かしながら現代にマッチするバラ「ジェネロサシリーズ」の開発に携わっておられました。
ギヨー一族のお一人。現在は独立し、アンジェ近郊のペタルドゥローズ社から自身が作出したバラを発表しています。

 

ギヨーの「ジェネロサシリーズ」のバラ

こちらは今年の春に横浜の港の見える丘公園で撮ったものです。

ソニア・リキエル」1995年

 

2021年・秋 四季の香ローズガーデン(再掲)

「フローレンス・デル・アットル」1997年

繊細で甘やか、夢見るようなロマンチックなバラたちですね。

容姿のことをとやかくいうのはどうかと思うけれど、Dominique Massad 氏は、俳優と言っても通じるような甘いマスクの持ち主です。

フランス語で自分のバラたちに優しく語りかけたりするのかな・・・♡(どんな妄想?)

 

ドミニク・マサド氏についてはこちらでも触れました。↓

 

kusagasuki.hatenablog.com