石神井公園 立秋

ここ数日、風の強い日が続いています。

昨日、朝ベランダに出たら、見慣れない葉っぱがいっぱい落ちていました。
なんだろう、とよく見ると、!
大事にしているワイルドオーツの実。風で絡まって引きちぎれてしまったようです。
強風がおさまるまで家に入れます。

 

風はあるけれど、太陽光線が強烈なので日中は家にこもり、夕方から散歩に出ました。

石神井公園の入り口にパンパスの穂が出ていました。

夕方とはいえ、日差しがまだ強い。
茂った木々の葉が光を受け止めて、緑のシェイドのよう。
隙間から池の水がキラキラ光っていました。

暑さもあるのでしょうが、今年は連休にして遠出する人も多いのか、公園は人が少ない。

モニュメント「聖衣」
池に張り出したテラス下のロープにカルガモがとまっていました。

こんな細いロープにもとまれるのですね。

 

カイツブリの親子がいました。

 

三宝寺池を回ります。

チカラシバ

一周して石神井池の住宅沿いの道を行く。風がとても強い。

間もなく日没です。もう一度、対岸の池に張り出したウッドデッキへ回ってみることにしました。

行きがけに見たパンパスが夕方の光で黄金色に輝いていました。

こちらでもロープにとまる鴨たち

空がもっと赤くなるかな・・・と思いながらまたボート乗り場の方へ戻ります。

黄金色に輝いていたパンパスは光を失っていました。

あれ、ブラックスワンがいない? と、また住宅街の方の道へ回り込んで覗いてみたら、建物の後ろ側にいました。

 

だいぶ水面も暗くなってきました。
鴨たちが三々五々、集まってきているよう。皆で固まって寝るのかな?

立ち去りがたく思ったけれど、明日は仕事だと思い出し、帰途につきました。
駐輪場から自転車を引き出し、走り出すと空に大きな月が昇ってきていました。

今頃、池に月の道ができているんだろうな・・・とまた公園に思いを馳せながら、ペダルを漕いで家へ向かいました。