練馬区役所20階 展望フロア

甘党です。

だけど、糖尿病家系だし、数値的にもヤバイところにきているから、本当はお菓子なんか食べちゃダメなんです。

でも、酒もタバコもコーヒーもやらない。甘いもんくらい食べたいです。

牧野記念庭園を訪ねた後、お茶がしたくて練馬区役所の20階にあるレストランに行きました。先日友人と行った時は、あいにく雨だったので、リベンジでもあります。

今回は、ケーキプレートを頼んだのだけど、食い気が先走り、写真を撮る前に3分の1くらい食べてしまったので、写真なしです。
店内の様子もお客さんがほとんどいなかったから撮ればよかったのに、帰りがけに撮ろうと立ち上がったら、店員さんの「お会計ですね」の視線プレッシャーが強くて撮りそびれました・・・

 

晴れてるので、先日と同じようにカウンターに座りましたが、遠くの方までよく見えます。ちょっと角度が違うけれど。

晴れている写真の右端に山がうっすら。さらに右側は山並みが続きます。

真ん中あたりの雲があるところが富士山。

展示版↓

夕焼けになったら富士山のシルエットがはっきりするかもしれませんが、肉眼でもぼんやりとしか見えず。

それでも山並みがあると、途端に気分晴れ晴れ。なんだか旅に出たような・・・

高所恐怖症だけど、高いところから景色を見るのは楽しい。

もう何十年も前、都内の病院に入院したことがあって、高い階からの眺めが良く、ロビーの窓際に椅子を持って行って眺めていました。
ヘリコプターや飛行船が案外頻繁に飛んでるのを知ったり、名前のわからない遠くに連なる山々や夕焼けの日の素晴らしい富士山の眺め、様々なビル群、車の行き交う様子などが面白くてずっーと見ていたかった。


だけど、窓際にポツンと座る後ろ姿が「お気の毒な人」に見えたらしくて、看護婦さんに「部屋に居づらいの?」ときかれ、見舞いにきた友人からも「誰も見舞いに来てくれない孤独な患者さん」だと思われました・・・

電車でも車窓からの景色を見るのが好きで、目が追いつかない新幹線でさえ、窓に張り付くようにして外を見てる。幼児性が抜けないんでしょうね。「◯◯と煙は高いところが好き」とも言いますね。

 

空の右下の白い点は飛行機

一番右にうっすら見えてる高い塔は、スカイツリー

↓遠くのビル群はさいたま新都心

 

暑すぎるので行ってみなかったけれど、10階にはハーブテラスがある。
↓緑のところ。

どうせなら木も植え込んだ素敵な屋上庭園があるといいのに。

区役所のホール
写真を撮った時は気づかなかったけど、8月1日が練馬区誕生の日なんですね。
昭和22年に板橋区から分離独立して、23番目の特別区になったのだそう。

 

展望レストランにひとりできてた中年男性が、別のお客が連れていた赤ん坊の泣き声に苦情を言っていました。

こんなロケーションが素晴らしいところなんだから、子供は入れないようにして、料理の単価などもあげればもっと上質な客が来て収益が上がるはず・・・外国では云々みたいなことを言っていたよう。

確かに一理あるけど、この穴場感が良くて通いたい私としては、人気が出過ぎないで欲しいな・・・

20階もあるんだから、別の階にキッズルームみたいなのを作って、ファミリー仕様のカジュアルなカフェも併設し、大人レストランは、入りやすいけれど、ちょっとリッチ感が味わえるくらいにするといいのかも。アフタヌーンティーとかができたら素敵♡

まあ、区役所の上だからさまざまなニーズに対応? 今のメニューは、ステーキに鰻重、ピザ、パスタ、天ざる、あんかけ焼きそばなどなど。和洋中の雑多メニューだから、おしゃれ方向は難しいかな・・・

 

う〜ん、私としては今のままでいいかも。とりあえず行ったら何か気分にあうものがメニューにありそうだし。
予約必須とか並んでまで行きたくないしね。

さて、時刻は17:30になりました。日が沈む前に石神井公園に移動します。