きもかわいい

トラップフラワー

先日、小石川植物園に行った時に温室をのぞいたら、前にも紹介したウマノスズクサ科の Aristolochia tricaudata がたくさん咲いていました。

メキシコの熱帯雨林に自生する植物です。

最初に見た時は、なんだかグロテスクな花だな〜と驚いたけれど、今回、色々な様子の花を見ていたら、なんとなく、愛嬌を感じてしまいました。

火星人みたいです。手というか足というか、てろ〜んと伸ばしてる。

ちょっと絡ませて

こちらは手を組んで、執事風?「いらっしゃいませ」?

 

咲き始めはこの手のような足のような部分がねじれて閉じているのですね。

そばにあった、解説板の写し↓

ウマノスズクサ属は、主に蔓性の草本または木本で、世界の熱帯から温帯に約500種がある。

奇妙な花をもち、花びら(花弁)とがく(萼片)の区別がなく、花被が癒合した筒がパイプ状・ラッパ状となり、属内では極めて多様な形態が見られる。

 

この花は、花粉を媒介する昆虫が内部に侵入した際、簡単には出られないよう特殊化したもので、「トラップフラワー」ともいわれる。

開花すると匂いに誘われて小さなハエ類等が花の中へ入っていく。
花筒内側には、繊毛が内側に向かって生えている種類や、ツルツルで滑らかな種類があるが、ハエ類等が簡単に出られない構造となっている。

 

筒部は途中で湾曲した後、膨らんだ部屋(室部)となり、その奥に雌蕊と雄蕊が合着した蕊柱がある。
室部では、蕊柱の基部が明るく、周りは暗い色をしているため、ハエ類等は明るさにつられて蕊柱の周囲を右往左往することになる。

 

その後、葯が裂開し、ハエ類等に花粉が付く頃には、匂いは弱まり、筒部内側の繊毛は脱落、ツルツルだった壁はシワシワになり、ハエ類等は外に出られるようになり、また別の花へと花粉を運ぶという送粉システムをもっている。」

 

 

このところ、シリーズで放映していたNHKの「ワイルドライフ グリーンプラネット」で見た、植物の営みを最新技術で映し出す映像がすごかったです。

植物たちの、あの手この手の受粉、送粉システム、子孫を次代へ継ぐ方法に驚かされました。

動物の糞そっくりの種子を落として、フンコロガシに土中に運ばせる植物やメス蜂に擬態した花で、オス蜂を誘き寄せる蘭とか・・・
どうやってそんな進化を成し遂げたのか?

 

自分には、絶対に無理なんだけれど、こういう映像を見ると、世界のあちこち、秘境と呼ばれるような場所へ行って植物を研究する学者とか、映像を撮る仕事に憧れてしまう。

子供の頃に見たデイビット・アッテンボロー博士とかね・・・博士のテレビ番組を見て、その道に進んだ人もいるのでしょうね。

 

他のウマノスズクサ属の植物も↓

 

kusagasuki.hatenablog.com