小石川植物園69

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。

あちこちで草花を見て写真を撮ってはいるのですが、バタバタしていてまとめが追いつかず・・・

ゴールデンウィーク前半の植物園の様子です。

花が少なくなってきましが、緑がきれい。

メタセコイア

藤も終わってしまった・・・池にかかる橋の上が藤棚になっています。

ニワゼキショウ 
親戚の家の芝生の庭に生えていたりして、子供の頃から親しんできたので、懐かしい気持ちになる花です。

ガクウツギ

ヒョウスイボクの花が散っていました。
今年は見損ねた花も多いような・・・

温室では、以前鉢を紹介したテッポウユリが咲いていました。

カラタネオガタマ

この時はまだ開花していませんでしたが、もう花が開いていると思います。
今年こそ「バナナの香り」を確かめたいと思っているのですが・・・

会社の近くの民家の生垣になっていたカラタネオガタマは、切られてしまい跡形も無くなってしまいました。
植物園に行く道沿いにあった斑入りの葉っぱのジンチョウゲも今年、花の後に切られてしまった。ちょうど切り取られている時に通りかかって、ショックでした。
どちらも「知り合いの木」と勝手に親しんでいたので残念です。

 

もうバラの季節ですね。
ご近所のバラは8割くらい咲いている印象。

ウチのベランダも思い切って、春の花は処分して、土を干しました。切り戻したパンジーもアブラムシがどっと出てきたので、サヨナラしました。

それにしてもベランダ園芸って、土の処理が大変ですよね・・・
昨年の秋には、土を干してから、黒いビニール袋に入れて熱湯をかけて、太陽光に数日当てて消毒したけれど、今回は干した後は「古い土、よみがえるんです」系の何かを混ぜていいことにしてしまおうかと・・・何を植えるかは未定。
花屋に行って、計画をねろうと石神井公園近くの花屋を覗いたのですが、色々あってむしろ迷いが深くなってしまいました・・・
それもまたガーデニングの楽しみですね。