小石川植物園67

小花たち

ここ何回か小石川植物園に通って撮った小花たち(と言うには大きいのもあるけど)です。

紫〜ピンク系の花から

園内のあちこちに群生していて、遠くから見ると、スミレかなと思ってしまう、

カキドオシ(垣通し)

f:id:kusagasuki:20220402220521j:plain

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)

f:id:kusagasuki:20220402220552j:plain

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)中国からの帰化植物

f:id:kusagasuki:20220402220759j:plain

f:id:kusagasuki:20220402220737j:plain

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡策)

「延胡策」はキケマン属の生薬の名前。「次郎坊」とは、三重県伊勢地方の子供がスミレを「太郎坊」と呼び、「次郎坊(ジロボウエンゴサク)」と互いの花の距を引っ掛けて引っぱって勝負する遊びをしたことからついたそうです。

そういえば、園内には「太郎稲荷」と「次郎稲荷」があります。

f:id:kusagasuki:20220402220920j:plain

f:id:kusagasuki:20220402220824j:plain

ムラサキケマン(紫華鬘)
この草にも毒があって、ウスバシロチョウの食草なのだそうです。前にも毒蝶のことを書きましたが、幼虫の時に毒を体内に蓄積して捕食者から身を守るのです。

f:id:kusagasuki:20220402220949j:plain

ラショウモンカズラ(羅生門蔓)
京の羅生門渡辺綱が切り落とした鬼女の腕に見立ててつけられた名前です。

「切り落とされた鬼の腕」「渡辺綱」で思い出すのが、木原敏江さんのマンガ作品『大江山花伝』。茨木童子と藤子の切ない物語。

f:id:kusagasuki:20220402221025j:plain

新しく見つけたスミレ

f:id:kusagasuki:20220402221232j:plain

イカリソウ(碇草)

f:id:kusagasuki:20220402221301j:plain

ハルジオン(春紫苑)
珍しくもない(とも最近は言えない)とあまり注目されない花ですが、よく見るとつぼみの様子や花びらのぼかしなどなかなか繊細で、かわいい花ですね。

f:id:kusagasuki:20220402221322j:plain

青系

キュウリグサ(胡瓜草) 小さくてなかなかピントが合わない・・・

f:id:kusagasuki:20220402221644j:plain

ハナイバナ(葉内花)
葉と葉の間に花が咲くことから「葉内花」

f:id:kusagasuki:20220402221701j:plain

タチイヌノフグリオオイヌフグリ

f:id:kusagasuki:20220402221735j:plain

白系

ヤブニンジン(薮人参)

f:id:kusagasuki:20220402221852j:plain

セントウソウ(仙洞草)

f:id:kusagasuki:20220402221915j:plain

ヒメウズ(姫烏頭) 下のピンクのはヒメオドリコソウ(姫踊り子草) 姫どうし。

f:id:kusagasuki:20220402221955j:plain

ニリンソウ二輪草

f:id:kusagasuki:20220402222057j:plain

オーニソガラム

f:id:kusagasuki:20220402222114j:plain

ハナニラ花韮

f:id:kusagasuki:20220402222137j:plain

f:id:kusagasuki:20220402222148j:plain

黄色系

クサノオウ

f:id:kusagasuki:20220402222327j:plain

オオキバナカタバミ(大黄花酢漿)

f:id:kusagasuki:20220402222347j:plain

f:id:kusagasuki:20220402222402j:plain

そしてこちらは、長年お名前不詳の花でした。

群生しています

f:id:kusagasuki:20220402222440j:plain

f:id:kusagasuki:20220402222500j:plain

今まで気になりながら、本腰を入れて調べていなかったので、ネットで深堀しました。

ムラサキ科・アルカナ属の「アルカナ・オリエンタリス」という植物として写真が出ていたりするのですが、ほとんどの写真はもっと花の黄色が濃く、草姿も雰囲気が違う。
でもムラサキ科の植物ではありそうなので、さらに検索してみたところ、ムラサキ科・ノネア属の「キバナムラサキ(黄花紫)」がかなり近い雰囲気。

別名ノネア・ルテア(Nonea lutea) 英名 yellow monkswort, yellow alkanet

f:id:kusagasuki:20220402222614j:plain

キバナムラサキでネット検索したら、植物園のホームページ(2017年4月17日の開花状況)にも出ていました。

やっと、お名前がわかりました。