青山夜歩き 建築あれこれ

一日8000歩を目指してウォーキング中ですが、月曜日はリモートで、夜8時過ぎから家の周りを歩いて、6970歩。
火曜日は会社帰りに2駅分歩いて6926歩。

水曜日は今日こそと、夕方から青山のギャラリーに行ったついでに久しぶりに表参道を歩きました。

ギャラリーに行くのに表参道の交差点から外苑前方向へ青山通りを歩いていくと、右側に細い坂道があって、その坂道に沿った一角のビルが取り壊されて空き地になっていました。
どんなビルがあったのか全く思い出せないのですが、今度は何になるのかな?

f:id:kusagasuki:20220202223333j:plain

がらんと視界が開けて、遠くに東京タワーと六本木ヒルズが見えます。

f:id:kusagasuki:20220202223458j:plain

 

ギャラリーを見た後、坂を降っていく途中に忽然と現れる「青山迎賓館」

f:id:kusagasuki:20220202223835j:plain

f:id:kusagasuki:20220203004146j:plain

一軒を一組で貸切にできる邸宅風の結婚式場です。派手ですね・・・
坂の途中の斜めった場所に道に面していきなりこの階段があるので、異空間への入り口風。
ブライダル施設のデザインを多く手掛ける設計事務所、アークデザインインターナショナルによるもの。

 

坂を降って突き当たった道(外苑西通り)を左へ外苑前駅方向へ登って行くと見えるこちらのビルは、ドーリック南青山

f:id:kusagasuki:20220202224057j:plain

三角形をした個性的な外観

f:id:kusagasuki:20220202224234j:plain

ギリシア建築のドーリア柱をモチーフにした巨大な柱の中をエレベーターが通っているそう。ここを起点に扇型に各階のフロアが広がっています。店鋪とオフィスなどが入る複合ビル。

こちらは、1991年にできたもので、隈研吾の建築。バブル期の世相を表したポストモダンな作品と言われています。

 

外苑前からまた表参道交差点へ戻って、そこから表参道を原宿駅まで歩きました。
この辺りのお店は敷居が高いというのか、年齢的にもターゲットから外れるんだろうなと、なんとなく場違いな感じがしてしまう。
特に出がけに一緒になった会社の人に、モコモコダウンにリュックにスニーカー(ウォーキング仕様)の姿を、スポーツ観戦に行くみたいな格好だね〜と言われたのもあって、ずらりと並ぶブランドショップには入っていく気になれません。

 

キラキラしいビルが立ち並ぶ中で、こちらのビルが目にとまりました。

f:id:kusagasuki:20220202225604j:plain

f:id:kusagasuki:20220202225620j:plain

ディオールのビルです。てっぺんについている星が素敵。

f:id:kusagasuki:20220202225701j:plain

設計は妹島和世西沢立衛による建築家ユニットSANAA

 

表参道もお店がずいぶん入れ替わっています。原宿クエストビルも建て替え中。

明治通りとの交差点には、平田晃久による新施設が建設中。

f:id:kusagasuki:20220202231142j:plain

原宿駅の外観も変わりました。
駅前の横断歩道の信号がかわりそうで、走って渡ってしまい、外観を撮りそびれました。

前の駅は鄙びた雰囲気で好きだったけれど、都内に現存する最古の木造駅舎だったそうです。

本日(2/2)は、9258歩でした。