フランス生まれのバラ2

フローレンス・デルアットル

f:id:kusagasuki:20211116211045j:plain

1997年 Guillot

なんとも優美なバラですね。
濃いピンクのつぼみ、クリームがかったピンク、灰紫がかったピンク・・・さまざまなピンク。

作出は前出のドミニク・マサド氏(1991)

名前の由来は、『三銃士』の著者デュマの作品(何かはわからず)のヒロインからとられたものだそうです。どんな女性なんでしょう?

 

ローズ・シナクティフ

f:id:kusagasuki:20211116213924j:plain

1999年 Delbard

資生堂とDelbardのコラボレーションで誕生したバラ。
パリ・バガテル国際バラコンクールで金賞とベストフレグランス賞を受賞。

クレ・ド・ポーボーテのオールドパルファム「ローズ・シナクティフ」には、天然のローズエッセンスを配合してあるそうです。

 

ラ・ローズ・ドゥ・モリナール

f:id:kusagasuki:20211116215810j:plain

2008 Delbard

こちらはフランス・グラースの老舗香水メーカーの名前にちなんだバラです。

 

マミー・ブルー

f:id:kusagasuki:20211116221221j:plain

1991 Delbard

日陰になっていて、写真がうまく撮れなかったのですが、フランス語でモーヴ色(mauve)と表される、薄く灰色がかった紫色の独特なバラ。

四季の香ローズガーデン「香りのローズガーデン」では、香りのグループごとにバラが植えられているのですが、このバラは「ブルー」のエリア。

ダマスクとティーの混じった香りというのですが、「ブルー香」というのですね。良い香りです。

剣弁高芯咲きで高貴なイメージ。

 

名前のMamy Blueの由来は、日本のサイトだと「おばあちゃんの青い服」だという解説が多く見られるのですが、海外のバラのサイトの一つに、
1971〜1972年に Pop Topsというグループによって歌われ、大ヒットした曲名による、とありました。

この曲は元々は、1970年にフランスのHubert Giraud(ユベール・ジロー「パリの空の下」を作曲)によってフランス語の歌詞で作られた曲です。

スペインのグループPop Topsにより翻案歌詞(英語)で歌われてヒットし、その後、スペイン語、ドイツ語、イタリア語などでカバーされ、日本でもヒットしたのだそうです。
YouTubeにさまざまな歌手が歌ったバージョンがあって、聞き比べると面白いです。
一度聞いただけでも物悲しいメロディー、「Oy mamy, oh mamy mamy blue oh mamy blue」と繰り返されるフレーズが印象に残ります。

 

歌われている内容(オリジナル)は、だいたいこんな感じ。

母の元を何も告げずに発って、過去を振り捨て、国境を越え、遠い場所で暮らしていた私は、母の死の知らせを受け、村に戻る。
温かい微笑みを浮かべ、受け入れてくれるはずの母はもうそこにはいない。
老いた犬や猫がさよならを告げるようにやってくる。
自分が愛した村、母が眠る村・・・
私は思う・・・もうこの村には戻るまいと。

 

英語での翻案歌詞はもっと具体的で、21歳で家を飛び出した息子の後悔、母への哀切な思いが溢れます。

blueには複雑な意味合いが込められているようです。そう思って、このバラを見るとちょっと切ないですね・・・

 

ギー・サヴォア

f:id:kusagasuki:20211117000339j:plain

2001 Delbard

名前はフランスの三つ星レストランのシェフ、Guy Savoy氏に由来。
氏は、1953年生まれ。父上は庭師だそうです。

遠くにあって、近づけずに撮影したので、色味がちょっと違うかもしれません。赤に絞りが入って目を引くバラです。

 

ラ・フランス

f:id:kusagasuki:20211117003637j:plain

1867年 Jean-Baptiste André Guillot

ハイブリットティーローズの第一号品種。
このバラ以降のバラをモダンローズというとウィキペディアにありました。
画期的なバラだったのでしょうね、堂々たる名前です。

 

ボレロ

f:id:kusagasuki:20211117004506j:plain

2004 Meilland

写真は少し咲き進んだところのようですが、開き始めは中心部にピンクが見られることもあるようです。

写真追加

f:id:kusagasuki:20211122181425j:plain

名前はフランスの作曲家ラヴェルよるバレエの名曲「ボレロ」にちなみます。

『愛と哀しみのボレロ』という映画でジョルジュ・ドンが踊っていました。

 

クロード・モネ

f:id:kusagasuki:20211117005949j:plain

1992年 Delbard

こちらのバラも接近できないところに咲いていて、様子がよくわからなかったのですが、ピンクとアプリコットが混ざり合っていくようです。

Delbardのペインターシリーズのバラの一つ。

ドガ、マネ、ユトリロマチスシスレーシャガールピサロセザンヌ、グリマルディ(こちらは画家名でなく、ピカソがアトリエとした南仏のグリマルディ城に由来)

他にもあるようですが、上記のバラたちは色が混じり合って咲くものばかり。これはちょっとどれがどれだか覚えるのが難しそうです。

 

バラは色々な花姿があって、面白いですね・・・それにこれほど、それぞれの花がストーリーをもつ花はないかもしれません。
バラ自体も楽しめるけれど、その背景にある物語〜人々の思い〜を知るのも興味深いです。