ドイツ生まれのバラたち 2

引き続き四季の香ローズガーデンのドイツで作出されたバラです。

まずは、殿堂入りしたバラから。

ドゥフトボルケ

f:id:kusagasuki:20211109211540j:plain

1963年 Mathias Tantau, Jr. 作出

ドゥフトボルケ(Duftwolke)は、「香りの雲」という意味。
「フレグラント・クラウド」とも呼ばれます。
1981年の世界バラ会議 エルサレム大会で殿堂入りしました。

 

バイランド

f:id:kusagasuki:20211109213345j:plain

2007年 Hans Jürgen Evers 作出
2009年 TANTAU 発表

バイランド(Bailando)はスペイン語で、ダンシングを意味するそうです。
花はフアフアした甘く可愛い雰囲気だけれど、茎が結構しっかりしていて、若干ゴツい印象なのが、質実剛健ドイツという感じです。

 

ラリッサバルコニア

f:id:kusagasuki:20211109215820j:plain

2014年 コルデス 

コルデスの日本でのシリーズ「バルコニア」
「コンパクトで鉢植えでも楽しめる、花をたくさんつけるバラ」ということで、売り出されています。

 

デュエットバルコニア

f:id:kusagasuki:20211109222751j:plain

2012年 コルデス

白地に赤がのっていく様が楽しめるという花。濃い緑の葉に映えますね。
バルコニアシリーズは、病気や暑さにも強いそうです。

 

ルビー・フラワー・カーニバル

f:id:kusagasuki:20211109225048j:plain

2012年 Tim Hermann Kordes 作出

光を集めて輝くルビーのような赤がとても目立っていました。房になって咲く様子が花束のようです。

 

ティアーモ

f:id:kusagasuki:20211109225949j:plain

2016年 コルデス

ティアーモ(Ti amo) はイタリア語で、アイ・ラブ・ユー

 

余談ですが、横浜イングリッシュガーデンには結婚式場に隣接しているのにちなみ、「ときめきガーデン」というエリアがあります。
バラの開花期限定で公開する小径の両脇に情熱的な赤いバラ、恋愛にまつわる名前を持ったバラたちが植えられているのですが、ティアーモはあったかな? ぴったりだと思いますが。

そしてティアーモときたら次は・・・

 

ウェディングベル

f:id:kusagasuki:20211109230612j:plain

2001年 Tim Hermann Kordes 作出
2010年 W.Kordes 'Söhne 発表

この花姿、昔の高島屋の包装紙に描かれていたバラにちょっと似ています。
現在使われている高島屋の包装紙のバラは、四代目だそうです。

包装紙のモチーフがバラというのは変わらないけれど、花の姿は、剣弁高芯咲き風から、印象の優しいイングリッシュローズ風へと変化しています。

 

ティップン・トップ

f:id:kusagasuki:20211109234554j:plain

f:id:kusagasuki:20211110000005j:plain

2015年 コルデス

アプリコットがかった黄色がおいしそう。葉っぱもツヤツヤ。柑橘系の香り。

ティップントップとはカクテルの名前。
ウォッカとオレンジジュースにハーブ系リキュール(シャルトリューズ)で香り付けしたものだそう。一度味わってみたい。

 

まだ園内には他にも作出国がドイツのバラがあると思いますが、とりあえず、ドイツのバラはこれで終わります。