来年の準備

冷え込んできましたね。

朝、駅に向かうのに自転車に乗って走り出したら、マスクをしているせいで、メガネが曇りました。
そうだった、これが煩わしかったんだ・・・
今年春になってメガネが曇らなくなった時に開放された!と喜んだのを忘れていました。

また煩わしい季節がやって来てしまった。

先日、石神井公園に行った帰りに、青山フラワーマーケットの前を通ったら、秋らしいリースがたくさん並べられていました。
ハロウィンが終わったら、すぐにクリスマスっぽいリースが並ぶようになるのでしょうね。

 

ちょっと覗いた本屋で、来年の家計簿を売っていたので、まだ早いかなと思ったけれど、定番のものがなくなるのも困るので、買っておきました。

日記は全然続かないけれど、家計簿はつけ始めてもう今年で6年目。
といっても、それで家計の見直しができたりはせず、あれ、なんでお金がないの? と思った時に見て、あ〜、あれやらこれやらに使ったのだったと納得するくらい。
一言欄のメモも書かずにいるけれど、買ったものの記録で、この頃は何をしていたな・・・というのがわかって、備忘録になります。

 

本屋を回ってから、時々花の苗を買う別の花屋へ行って、球根を買いました。

この秋冬も海外旅行には行けないし、イベントも少なめな感じなので、春を待つ楽しみに、いいかなと思って。
いつもは春といえばビオラ。球根花はほとんど育てたことがありません。

 

スノードロップの清楚な雰囲気に憧れるけれど、レースのカーテン越しにも楽しめるように、もうちょっと派手な方がいいかなと、スイセンムスカリ
そして色や形にバラエティーがあって、迷ったけれど、チューリップも買ってみました。

 

スイセンは水鏡に映った自分の姿に恋したナルキッソスの話が有名ですが、その物語から、花言葉は「冷たさ」「自惚れ」「エゴイズム」「愚かさ」

水仙という名前は中国名の音読み。中国で「水辺の仙人」という意味で付けられた名前だそう。

 

ムスカリは原種はいい香りで、麝香を意味するムスクから名付けらたそう。
ヨーロッパでは紫は高貴さ、悲しみを表すそうで、花言葉は「失望」「悲嘆」

 

チューリップという名前は、花の名前と勘違いされたトルコ語のターバンの「チュルベント」が名付けの元になっているそう。
花言葉は「愛の告白」「思いやり」「名声」

 

花言葉は1つではないし、花色によっても違ったりして、花を送るのに意味を込めたとしても、受け取った方はその意味を的確に受け止めるのは難しそうです・・・

 

花言葉だと、ベランダに人間の感情の様々が咲き乱れることになりそうですが、

いずれにしても春先の球根花たちを言葉で表すとしたら、「春が来たよろこび」。

 

うまく咲かせられるといいな。

 

f:id:kusagasuki:20211017144701j:plain