マメ科の植物

先日、小石川植物園の標本園を歩いているときに、色々な植物の名札のところに、明らかにその名札の植物ではない、見慣れない草が生えていました。

 

前にも見たような気がするけれど、他所で見たことがない草。
毛もじゃで存在感があり、マメ科と思われる青い花が咲いていました。

ネットで、「青い花」「マメ科」「毛」で検索したら、すぐに出てきました。

 

「タヌキマメ」でした。

この名前はぴったりですね。

f:id:kusagasuki:20210902204815j:plain

 

クサスギカズラのところにも主役顔をして生えている

f:id:kusagasuki:20210902205331j:plain

 

ツルボと共演

f:id:kusagasuki:20210902205847j:plain

 

ツルボ(キジカクシ科)と小さい薄紫の花はキツネノマゴ

また、タヌキとキツネがそろいました。

f:id:kusagasuki:20210902212946j:plain

 

 

今の時期に咲いているマメ科植物は他にもあります。

薬園保存園のエビスグサ

f:id:kusagasuki:20210902213819j:plain

 

長い実が面白い

このサヤの中の種子は、決明子ケツメイシ)と呼ばれ、薬になります。

音楽グループのケツメイシの名前はこれからとったもの。
メンバーに東京薬科大学出身の人がいて薬学の本を見て決めたそうです。

 

種子を用いたお茶は、ハブ茶と言われますが、本来のハブ茶はハブソウという似ているけれど、別の植物から作ったもの。
エビスグサはハブソウの代用として使われているそうです。

f:id:kusagasuki:20210902213845j:plain

 

 

こちらは標本園のカワラケツメイ(河原決明)

全草を煎じてお茶として飲みます。

ネム茶、マメ茶、弘法茶などと呼ばれ、整腸、利尿作用や脂肪の吸収を抑える働きがあるといわれています。

f:id:kusagasuki:20210902213509j:plain

 

マメ科の植物はたくさんありますね。

ウチのマメ科植物、ベランダのアレチヌスビトハギは、暴風と暑さでだいぶダメージを受けてしまったよう。涼しくなってきたので、元気になってくれるといいのですが。
花が咲くといいな・・・