サルスベリとセンニンソウ

f:id:kusagasuki:20210901233016j:plain

 

昔、家に漢字クイズの本があって、「魚」とか「動物」とかジャンル別に分かれている中の「植物」に 向日葵 仙人掌 翌檜 などと一緒に 百日紅 もありました。

 

読み方は、ヒマワリ サボテン アスナロ そして サルスベリ です。

 

サルスベリは木肌がツルツルで猿も滑るというので、サルスベリ

漢字の百日紅は、花が長く咲いているので。ヒャクジツコウとも。

 

サルも滑るという幹

f:id:kusagasuki:20210901232636j:plain

 

小石川植物園には珍しいサルスベリがあります。

 

こちらが普通のサルスベリ

f:id:kusagasuki:20210901232925j:plain

f:id:kusagasuki:20210901232943j:plain

 

そしてこちらは八重のサルスベリ

f:id:kusagasuki:20210901233159j:plain

f:id:kusagasuki:20210901233210j:plain

 

前に変化咲き朝顔でも紹介しましたが、遺伝子変異によるものです。

 

kusagasuki.hatenablog.com

 

本来雄しべが形成されるところが花弁に、雌しべが形成されるところが2次花に変化したものと考えられ、さらに4〜5次花まで形成されているそうです。

樹木でのこのような変異体の花はとても珍しいのだそうです。

 

***

 

紅い花の次は白い花を。

仙人草

この時期、センニンソウがあちこちに絡み付いて花を咲かせています。

f:id:kusagasuki:20210901234748j:plain

 

絡み付かれているのは、ツツジの類ですが、こんなにすっぽりと覆われてしまうと、こういう花木なのかな、と思われてしまいそう。

f:id:kusagasuki:20210901235014j:plain

f:id:kusagasuki:20210901235055j:plain

 

きれいだけれど、ちょっと下の木が気の毒ですね。

仙人草という名前は、花でなくて、実になった時の姿からついたものです。

実に白い毛がついているので、それを仙人の髭に見立てたもの。

クレマチスの実に似た雰囲気。センニンソウも学名はClematis terniflora

センニンソウは、有毒で、葉や茎の汁がつくとかぶれるそうです。