小石川植物園36

秋の気配

ずっと雨だったけれど、ようやく週末晴れたので、小石川植物園に行きました。

f:id:kusagasuki:20210822185626j:plain

パンパスグラスの穂が出揃っていました。

いつの間にか秋の虫たちの声が聞こえてくるようになりましたね。

 

受付でレンゲショウマが咲いています、と教えていただいたので、最初に涼みがてら冷温室へ向かいました。

かわいい花姿 

f:id:kusagasuki:20210822190853j:plain
f:id:kusagasuki:20210822191002j:plain

 

つぼみがいっぱい^^ f:id:kusagasuki:20210822191128j:plain

 

温室はかなりマメにお手入れされていて、緑のカーペット状態になっていたイブキジャコウソウがきれいさっぱりカットされていました。

f:id:kusagasuki:20210822191502j:plain

 

ヤマホトトギス

f:id:kusagasuki:20210822191654j:plain

 

ミヤマトリカブト

f:id:kusagasuki:20210823081206j:plain

f:id:kusagasuki:20210823081249j:plain

白いトリカブト

f:id:kusagasuki:20210823081349j:plain

 

 

温室へ移って、小笠原諸島の植物

ムニンヒメツバキ

f:id:kusagasuki:20210822192537j:plain

つぼみが丸くてかわいい。白玉団子のような・・・

f:id:kusagasuki:20210822192616j:plain

 

先日見た、白玉木蓮は置き場が変わって、台の奥の方へ配置されていました。緑色のツボミが二つくらいついていましたが、開花はまだ先かな?
咲いていたら、匂いを確かめようと思っていたのですが。

温室の植物は、なんとなく花期が長いというイメージがあったけれど、実際は花数が少なかったり、花期が短いものもあり、案外ワンチャンス。

時計草の一種 Passiflora citrina

f:id:kusagasuki:20210822193322j:plain

f:id:kusagasuki:20210822193350j:plain

爽やかな黄色。citrinaというのは、シトロン(レモン)のこと

 

 

温室の外へ。
先日キツネノカミソリを紹介したときにタヌキノカミソリが気になると書きましたが、行ってみら、花が咲いていました。
彼岸花と同じで花の時に葉がなく、先日は影も形もなかったのに、忽然と現れた感じ。

 

f:id:kusagasuki:20210822221026j:plain

 

f:id:kusagasuki:20210822221203j:plain

f:id:kusagasuki:20210822221229j:plain
花はキツネノカミソリより大振り

全体の印象が渋めのピンクなので、案外タヌキノカミソリという名前があってるかも

f:id:kusagasuki:20210822221522j:plain

 

近くにシナノアキギリ(信濃秋桐)も咲いていました。

長野、群馬県の一部に自生する日本固有種 絶滅危惧類

f:id:kusagasuki:20210822221830j:plain

f:id:kusagasuki:20210822221947j:plain

優しい色合いの百日紅

f:id:kusagasuki:20210822222216j:plain

まだ暑いけれど、空気が変わってきました。

夏もそろそろ終わりですね。

f:id:kusagasuki:20210822222935j:plain