ショックな出来事 石神井公園の木が・・・

今日は手製のサンドイッチを作って、アクエリアスゼリーを凍らせたのを保冷剤がわりに一緒に持って、真昼間に石神井公園に出かけました。

 

松の風文化公園で、ゆっくりランチをして、三宝寺池に下りて、池の周りを歩き、池に張り出したテラスのところで、池を見渡したら異変が。

 

f:id:kusagasuki:20210731193605j:plain

中央よりちょっと左寄り、木が茶色くなっている!

 

f:id:kusagasuki:20210731193747j:plain

明らかに枯れている様子

 

しかもよく見ると二箇所

f:id:kusagasuki:20210731193819j:plain

 

先週、夕方散歩した時は緑でした

f:id:kusagasuki:20210731193922j:plain

 

気になって、一周してから枯れた木を探して、もう一度回り始めると、ありました。

遊歩道のすぐ近くに赤い紐を巻かれて立っていました。

f:id:kusagasuki:20210731194235j:plain

f:id:kusagasuki:20210731194252j:plain

下には、しおれて落ちた葉が散乱しています

f:id:kusagasuki:20210731194342j:plain

 

奥側に少し見えていた木もありました

f:id:kusagasuki:20210731194433j:plain

こちらもかなり大きな木・・・

 

どんぐりのなる木です

f:id:kusagasuki:20210731194644j:plain

 

やはり赤い紐が巻かれていました

f:id:kusagasuki:20210731223219j:plain

f:id:kusagasuki:20210731194725j:plain

一体何が原因? とネットで調べたところ、奈良県で森林に被害が出ていて、奈良県のホームページに解説がありました。

 

ナラ類やシイ・カシ類の木が枯れる「ナラ枯れ」という被害。

カシノナガキクイムシ(以下カシナガ)という昆虫が「ナラ菌」という病原菌を木の中に運び込むことで起こされる樹木の伝染病。

 

カシナガが、6月上旬に木の幹に穿入し、樹幹内で産卵する際、ナラ菌も持ち込まれ、カシナガが掘った坑道を伝って蔓延し、ナラ菌が感染した部分で細胞が死ぬと、通水機能が阻害され、葉が萎縮・変色しはじめる。

7〜8月頃葉がしおれて茶色に変色し数週間で枯死に至る。

 

木の中で成長、羽化した新成虫は、翌年の6月上旬頃からナラ菌を持って脱出し、健全なナラ類に飛来・穿入を行うことで、被害が拡大する。

 

ナラ枯れの場合、木の幹(地上〜4m程度)にカシナガが穿入した穴があり、木の根元にフラス(カシナガの排泄物と木くずが混じったもの)が溜まっていることが特徴。

 

とあり、まさにこれはなんだろうという木くずが根元にたくさん積もっていました。

f:id:kusagasuki:20210731195533j:plain

 

もうこうなっては救いようがないのですね・・・

 

しかもこのまま放置すれば他の健全な木までやられてしまう。

現に、赤い紐が巻かれていないけれど、根元に木くずが溜まっている同種の木が遊歩道ぞいに他にも一本ありました。

 

枯れてしまった木は早々に薬剤で、くん蒸処理するか焼却しないと、新成虫が脱出して被害を広げてしまいます。

 

・・・カシナガは日本の在来種で、ナラ枯れ被害も1930年代、1950年代に記録があるが、一部地域で終息していた。しかし1980年代以降に発生した被害は終息せずに拡大している。

 

とあり、原因は明らかになっていないそうです。

大ショックです。かなりの大木だし伐採するのは困難でその後の処理も費用がかかると思われます。
つい1週間前は緑だったというのに、すでに蝕まれていたのですね・・・

 

松食い虫のことはよく聞いていたけれど、ナラ、シイ、カシ類にもこんな害虫がいるとは。

予防的に薬を注入することも行われるそうですが、費用がかかるようです。
木への予防注射ですね。

 

全く人間界も自然界もどうしたことでしょう?

草木を見て元気をもらおうと思ったのに。

被害が広がらないことを祈るばかりです。