小石川植物園24

梅雨明けしたら、一気に暑くなりました。

散歩には向かないけれど、今でなければ見られない花があるので、植物園に行ってきました。

 

入り口付近

どんな花が咲いているかな、と期待が高まります。
f:id:kusagasuki:20210718205849j:plain

影が濃い

 

まずは下側の道を進みます

f:id:kusagasuki:20210718210413j:plain

クルクル渦巻きの新芽が出ていたシダ 葉が広がって今はこんな

f:id:kusagasuki:20210718215243j:plain

f:id:kusagasuki:20210718210725j:plain

f:id:kusagasuki:20210718215442j:plain

日差しはきついですが、園内は時折涼しい風が吹きます。

 

藤棚の下にかかる橋からの眺め

f:id:kusagasuki:20210718210840j:plain

緑! 緑! 緑!

f:id:kusagasuki:20210718211127j:plain

f:id:kusagasuki:20210718211214j:plain

この建物は、明治9年に建築された東京医学校の本館を移築したもの。
創建当時の医学生、たぶん超エリートですよね? ドイツ語で授業を受けていたそう。どんな学生生活だったのかな?

 

大正9年生まれで、東京帝国大学を卒業された方と話をしていたときに、何がきっかけか忘れましたが、小石川植物園の話が出て、その方が、「植物園か、そういえば卒業式の後のパーティを植物園でやったな」とおっしゃられて、その時はへ〜と思ったものの、深く聞かず、後になってもっとどんな様子だったのか伺えばよかったな・・・と残念に思っています。

植物園でパーティ(謝恩会かな?)なんてすてきですね。

 

定点観測

f:id:kusagasuki:20210718215553j:plain

 いつものお気に入りのベンチから見上げる空

f:id:kusagasuki:20210718215639j:plain

風が通り抜けていきます。

 

ベンチでオー・パン・グルマンのレモンパイをいただきました。レモンパイは人気商品で早々に売り切れてしまうことも。

ここのはパイ包になっていて、地味に見えるけど、パリッ、サクッでとても美味しい。

f:id:kusagasuki:20210718220200j:plain

 一休みしてから、今日こそは時間切れになる前に、と温室に行きました。
長くなるので、温室の話はまたいずれ。

 

温室に行くまでにもあれこれ目を引く植物があって、ついつい寄り道。

高地側へ上がって、針葉樹林へ

f:id:kusagasuki:20210721063855j:plain

針葉樹林の下に特に場所を作って植えられているシダがいくつかあって、これはホソバリュウビンタイ。とても大きいシダ。

f:id:kusagasuki:20210721064902j:plain


針葉樹林を抜け、カリン林を通って、温室方向へ。

ニンジンボク。西洋ニンジンボクと違ってほとんど香りがないです。

f:id:kusagasuki:20210720074706j:plain

涼しげで、控えめな花

f:id:kusagasuki:20210720074718j:plain

ブッドレア(フジウツギ)

f:id:kusagasuki:20210720075116j:plain

f:id:kusagasuki:20210721073750j:plain

 

標本園の花たち

キクイモモドキ

f:id:kusagasuki:20210719003721j:plain

シカクヒマワリ(茎が四角なので四角向日葵)

f:id:kusagasuki:20210719003740j:plain

ハマボウ(本来は海岸などに生える塩性植物)

f:id:kusagasuki:20210719003805j:plain

 

最後にちょっと得した気分になった写真
撮った時は気づかなかったけれど、蝶が写っていた。エンジュの木。

f:id:kusagasuki:20210719004202j:plain