パイナップル

先日、青山のギャラリーに行った際には、もうひとつお楽しみがありました。 


ギャラリーのそばにパイナップルのお菓子の専門店があるのです。
時々、無性に食べたくなります。 

微熱山丘 SunnyHillsのパインケーキ。台湾のお菓子です。

 

建設途中にも見えるユニークな外観のお店、こちらも隈研吾さんの設計です。

 

f:id:kusagasuki:20210708003307j:plain

 

お菓子はパイナップルケーキの他にリンゴケーキもあるのですが、お店に入ってすぐ、見慣れない箱が目につきました。お店の人が「パイナップルのムーンケーキです」と教えてくれました。
ムーンケーキ? 月餅のことでした。期間限定!

 

中の餡は、パイナップルケーキの餡とは変えてあって、カスタードも入っているとのこと。
パイナップルケーキを入れてくれるいつもの布袋とは違う、月とウサギのかわいいイラスト付きの袋に入れてくれるというので、これは買わなくっちゃ!

 

こんなイラスト。お月さんとウサギさん、目があってる?

f:id:kusagasuki:20210708003418j:plain

 

パインケーキも食べたくて、両方買っちゃいました。パインケーキは5つ入っているので、日頃お世話になっている同僚にお裾分けしました。

 

f:id:kusagasuki:20210708003504j:plain

 

早速、初のムーンケーキをいただきました

f:id:kusagasuki:20210708003538j:plain

 

f:id:kusagasuki:20210708003615j:plain

f:id:kusagasuki:20210708003636j:plain

 

パイナップルの餡はコクがあるけれど、甘すぎず、外側を包む生地はしっとり。

 

パイナップルケーキの方は、もう少し餡に酸味があります。繊維のザクザクした食感があって、外側の生地はクッキー風でサクサクしています。

f:id:kusagasuki:20210709090459j:plain

f:id:kusagasuki:20210709090531j:plain

どちらも美味しい。

 

コロナ以前は、お店に行くと、2階でパイナップルケーキとお茶を無料で振る舞っていただけました。落ち着いた空間で、お茶をいただくのが、街歩きの休憩にもなって良かったのです。

 

パイナップルケーキ

f:id:kusagasuki:20210708010941j:plain

パイナップルケーキ(5個入り)1500円

パイナップル ムーンケーキ(2個入り)1200円

f:id:kusagasuki:20210709091027j:plain

パイナップルは、コロンブスがメキシコ沖のグアダルーペ島で発見し、1493年にスペインに持ち帰ったそう。しかし自家栽培できるようになるのはだいぶ後で、ヨーロッパで栽培に成功したのは1687年頃、オランダで。
その後貴族の間でブームが起こり、ヴィクトリア朝には、パイナリーと呼ばれるパイナップル専用の温室が作られ、そこで栽培・収穫された完熟の自家製パイナップルを晩餐会のテーブに出すことは、社会的栄誉、知的優秀性の証になったそうです。

果物に歴史あり、ですね