続 軽井沢に行きたい

6月も今日で終わりですね。半年、特にイベントもなく日々こなすだけで過ぎてしまったように思います。
先日、あるお寺の掲示板が目に入りました。文字使いはちょっとうろ覚えだけれど、

「有難い」と思える今のありがたさ

ハッとして、全くそうだな、と思いました。このところ愚痴り気味だったけれど、なんとか無事にやれているのだから、有難いことです。
「当たり前のこと」って、無くしてみて初めて「有難いこと」だったと気づくんですよね。

 

さて、爽やかな軽井沢の続き。
軽井沢にはレイクガーデンの他にもすてきなお庭があります。規模は小さいですが、絵本の森美術館を取り囲むお庭。

英国人ランドスケープデザイナーのポール・スミザーさんが手がけたピクチャレスクガーデン。主に在来の植物を使ったナチュラルなお庭です。

f:id:kusagasuki:20210629201309j:plain

f:id:kusagasuki:20210629201416j:plain

f:id:kusagasuki:20210629201341j:plain

「好物」のイネ科の植物もいっぱい^^

通りを挟んで対面にあるのは、エルツおもちゃ博物館
ドイツ・エルツ地方の木工おもちゃなどが展示されていて、ミュージアムショップで買うこともできます。

チマチマした人形や動物たち、かわいい家とか、一つ一つ凝っていて、みんな欲しくなってしまう。特に錫(すず)で作られた繊細なおもちゃ↓ が可愛くて、それを買うための500玉貯金をしています。

f:id:kusagasuki:20210630074328j:plain

f:id:kusagasuki:20210629202126j:plain

f:id:kusagasuki:20210629202137j:plain

f:id:kusagasuki:20210629202152j:plain

f:id:kusagasuki:20210629212630j:plain

 

軽井沢町植物園
様々な植物が所狭しと植えてあります

f:id:kusagasuki:20210629202501j:plain

f:id:kusagasuki:20210630011003j:plain

 

日本画家、千住博さんの美術館のお庭も小さいけれど、葉っぱ中心の植栽が楽しいです。

f:id:kusagasuki:20210629202739j:plain館内も本来の土地の高低差を生かしたとても凝った作り。曲線を描くガラスに囲まれた四つの中庭がユニークです。
大きな滝の絵だけを展示したザ・フォール・ルームに座って絵を見ていると、絶え間なく水が流れているように見えてきて、滝の音まで聞こえてくるよう。

 

こちらは、自然の景観、雲場池
紅葉の時は大変な混雑ですが、本当に素晴らしい紅葉なので、一見の価値はあると思います。

紅葉の時以外も緑と水場の景色がいいです。池を一周ぐるっと回れます。
小雨くらいなら、しっとりして、むしろ風情がある感じ。

f:id:kusagasuki:20210629204029j:plain

奥の方へ行くとフシグロセンノウが咲いていました。扁平な花、独特の色合いが目立ちます

f:id:kusagasuki:20210630011209j:plain

f:id:kusagasuki:20210629203956j:plain

秋はこんな

f:id:kusagasuki:20210630074903j:plain

f:id:kusagasuki:20210629204205j:plain

紅葉シーズンは、碓氷峠に行くのもおすすめです。巡回する雅な赤いバスで手軽に上まで行けます。秋はボンネットに紅葉の飾り付け

f:id:kusagasuki:20210630075141j:plain

f:id:kusagasuki:20210629205510j:plaint

遠くに雲海も見えました

f:id:kusagasuki:20210629205537j:plain

軽井沢はグルメのお楽しみもあるのが嬉しい。

山から降りたら万平ホテルでお茶
レモンパイ この愛らしい姿! 食べずに飾っておきたい。

f:id:kusagasuki:20210629210026j:plain

f:id:kusagasuki:20210629210037j:plain

 

お茶の後は、矢崎川沿いのささやきの小道を歩きました。写真は11月のあたま。
たまに別荘に来ている人を見かけるくらい。歩いている人は誰もいなくて川の流れの音と鳥の声が聞こえるだけ。名前の知らない草に実がなっているのを見たり、これ以上はないというくらい真っ赤な紅葉に感激したり、癒されました。早くまた行きたいな・・・

f:id:kusagasuki:20210629212129j:plain

f:id:kusagasuki:20210629214619j:plain

てんこ盛りになってしまいました。お付き合いいただき、ありがとうございました。
早く、心置きなく旅ができる日が来ますように。