軽井沢に行きたい

今日は東京は雨が本降りです。この後しばらく梅雨らしい天気が続きそう。

 

立原道造の詩集を久しぶりに読んだりしていたら、無性に軽井沢に行きたくなってきました。しかし、今年の夏は無理そうなので、2年前に行った写真でも眺めて、次回行けるのを楽しみに待ちたいと思います。


植物好きには嬉しくなる場所をご紹介。まずは、軽井沢好きになったきっかけでもあるレイクガーデン 。

f:id:kusagasuki:20210629070629j:plain

1万坪もあるお庭には、約300種類の宿根草が植えられています。さらに400種類ほどのバラが咲くバラ園もあり、 バラの季節は賑わうようですが、通常は園内が広いので本当にゆっくりできます。

 

あちこちにベンチがあって、広大なお庭を休みながら回れます

f:id:kusagasuki:20210629071723j:plain

f:id:kusagasuki:20210629071838j:plain

f:id:kusagasuki:20210629072958j:plain

f:id:kusagasuki:20210629072156j:plain

湖には中の島があって、いくつか橋がかかっています

f:id:kusagasuki:20210629072025j:plain

f:id:kusagasuki:20210629072042j:plain

中の島のラビリンスローズガーデン

f:id:kusagasuki:20210629072501j:plain

f:id:kusagasuki:20210629072526j:plain

あちらにもこちらにも素敵な植栽があって目を奪われます

f:id:kusagasuki:20210629072756j:plain

f:id:kusagasuki:20210629072828j:plain

f:id:kusagasuki:20210629072848j:plain

f:id:kusagasuki:20210629073157j:plain

こちらにはレストランやカフェもあります

この細長いお庭で結婚式をする方も

f:id:kusagasuki:20210629073548j:plain

奥の建物はアンティークな家具が配置されたヨーロッパ調の雰囲気で、部屋数は少ないですが泊まれます。開園前や夕暮れの庭を歩けたりしたら、素敵ですね。クリスマスシーズンも宿泊できるそう、ロマンチックでしょうね。

この時の旅は8月の終わりでしたが、10月の終わりにも訪ねたことがあります。冬の早い軽井沢なので、11月の初めには閉園になります。
もうほとんど花はないけれど、空気が澄み渡り、紅葉がきれい。様々な植物が種をつけている様子も面白く、飽きません。
イギリスにはなかなか行けないけれど、カフェでヴィクトリアスポンジケーキでお茶していると、ちょっぴりイギリス気分になれます。

いつも食べる前に撮ろうと思うのに、つい忘れてしまう

f:id:kusagasuki:20210629075016j:plain

これは10月の終わりに行った時 カフェからの眺め

f:id:kusagasuki:20210629075102j:plain

次回は他にもある植物好きに嬉しいスポットをご紹介します。