カラタネオガタマ

土曜日に小石川植物園に行った時に、一番期待していたのが、カラタネオガタマの開花でした。今までずっと見たかったのに機を逃し続けて一度も見たことがありませんでした。

木は遠目に見ると花が咲いているのか全然わかりません。

f:id:kusagasuki:20210425173921j:plain

近寄ってみると、下の方はまだつぼみ

f:id:kusagasuki:20210425173952j:plain

あ〜今年も見られないか・・・と思って上をみたら、咲いていました!
一番上の方、まだつぼみのが多いですが、開花したものもいくつかありました。

f:id:kusagasuki:20210425174343j:plain

何とか花がアップで撮れる位置に一輪だけ開花していました

f:id:kusagasuki:20210425174556j:plain

f:id:kusagasuki:20210427223730j:plain
渋めだけど、独特の色合いがすてき。でも、腕を伸ばして何とか撮れるくらいなので、匂いを嗅ぐことはできず。
バナナのような甘い香りと言うので、木の下でしばらく鼻をクンクンさせてみたのですが、バナナの香料っぽい香りが微かに漂っているような、いないような・・・

カラタネオガタマのことは、中学生の頃に、鎌倉のどこかのお寺にある木にバナナの香りのする花が咲く、という記事を新聞か何かで読んで知ったのですが、以来憧れていたのです。数十年越しの対面です。

 

でもこの木のことはよく知らず、つぼみと思っていたところからピロンと葉っぱが出ているのがいっぱいあって、これはつぼみじゃなくて、葉っぱになるのかな?
わかりやすい写真を撮りそびれてしまったので、一部を拡大したものでボケてますが

f:id:kusagasuki:20210425203212j:plain

明らかにつぼみなのを見ると、葉っぱがないから、これは冬芽ですかね。つぼみと区別がつきにくいです。

つぼみも毛皮におおわれたような姿で、それがこんな感じに剥がれて来て開花

f:id:kusagasuki:20210425182523j:plain

f:id:kusagasuki:20210425182440j:plain

つぼみがたくさんあったので、これからもっと咲いてきたらいい香りでしょうね・・・

実は勤務先の近くにあるお宅の生垣の一部にカラタネオガタマが使われているのに昨年気づいて、今年は花を見逃すまいと思っていました。昨日、確認してきたら花づきは少ないですが、咲き始めていました。

f:id:kusagasuki:20210426205812j:plain

植物園のとはちょっと種類が違うのかな。葉っぱが元気そう。よく茂って向こう側が見えません。

花が開き切ってしまうと匂いが薄くなるということで、これくらいがいい感じなのだと思うのですが、全然香りません。ちょっと離れたところでも、茂みに顔を突っ込んで嗅いでみても匂いません。香る時間とか条件があるのでしょうか?

結構人通りのあるところなので、怪しい人と思われそうですが、しばらく毎日立ち寄って、確認してみるつもりです。