コルチカムの話

f:id:kusagasuki:20210302223448j:plain

 クロッカスに似ているけれど、これは秋咲のコルチカム(イヌサフラン)。

コルチカムのことは、「マルタのやさしい刺繍」というスイス映画で知った。なかなかいい映画だったので、また見たいと思っているのだが、NetflixAmazonプライム に配信がないので、うろ覚えだけれど、あらすじは・・・

 

スイスの小さな村に暮らす80歳のマルタは、夫に先立たれ、生きる気力を無くしていたが、ある日、若い頃の夢「自分でデザインして、刺繍を施したランジェリーのお店を出すこと」を思い出す。保守的な村の人たちにハレンチなことと白眼視されてしまうが、最初は反対していた友人たちもやがて味方になってくれて、夢を実現していく。

というようなお話。主演のマルタ役、シュテファニー・グラーザーが可愛らしい。お友達もそれぞれ個性的でチャーミング。

実際に見たのはレンタルDVDでだけれど、たまっていた映画チラシの中からデザイン違いのかわいい2枚のチラシが出てきた。

 f:id:kusagasuki:20210302223424j:plain

 

 この「マルタのやさしい刺繍」という、乙女心をくすぐる、いかにも女子受け狙いなタイトルが原題では、どうなっているのだろうとふと思って、調べてみたら、

"Die Herbstzeitlosen"

 Herbstzeitlosen というのが、コルチカム(イヌサフラン)のことだった。たしか、映画の最後でも彼女たちの足元に咲いていた。秋に咲くこの花に、「遅咲き」「人生の秋を迎えてから一花咲かせる女性たち」をなぞらえたタイトルだ。

  

このコルチカムを実際に初めて見たのは、イギリスのキュー・ガーデンズで。例によって、方向音痴なので、広大なキューで、もうどこにいるのかわからなくなっていた時に見つけた。

コルチカムだ! と、興奮していっぱい写真をとった。

f:id:kusagasuki:20210302223948j:plain

f:id:kusagasuki:20210302224004j:plain

f:id:kusagasuki:20210303200705j:plain

f:id:kusagasuki:20210302224139j:plain

f:id:kusagasuki:20210302224150j:plain

かわいい^^

撮影は9月

コルチカムが自生しているところに住む人たちは、コルチカムが咲き出すと、ああ、夏が終わってしまったな〜とか、秋の始まりだな〜とか、感じるのかも。

日本だと秋だな〜と感じさせる彼岸花が近いけれど、可憐なコルチカムとはだいぶ違うよね、と思っていたら・・・

 

 さらにキューの中を歩いていたら、コルチカム、こんなことになっていた。

f:id:kusagasuki:20210302224657j:plain

 かわいいというより、しどけない。

生っ白い茎が・・・何かちょっとイケナイものを見てしまったような・・・

 コルチカムは「裸の貴婦人 Naked lady」とも呼ばれるそうです。

しかも毒があるそうで・・・

 

 花壇にコルチカムがまとめられていた。

f:id:kusagasuki:20210303200906j:plain

f:id:kusagasuki:20210303200918j:plain

f:id:kusagasuki:20210303200832j:plain

 この最後の、Colchicum 'Waterlily”

よくあることだけれど、花の名前に他の花の名前がつけてあるのって、

なんだか、ちょっとどちらにも失礼な感じ・・・

 でも「ニセ」とか「モドキ」とかよりましかな?

そもそも、イヌ(犬)サフランっていうのも失礼だなぁ。

 

確かに睡蓮 (waterlily)の花に、雰囲気はちょっと似てるけど・・・

キュー・ガーデンズのウォーター・リリー・ハウスの睡蓮

f:id:kusagasuki:20210303201228j:plain