小石川植物園 4

 f:id:kusagasuki:20210301130540j:plain

 

2月の終わり、小石川植物園に行った。

春も本番になると、待ちきれぬ思いで、朝から出かけて行くのだが、まだ風の冷たいこの季節は、どうしようかな・・・とグズグズして着いたのは、3時前頃。

 

梅が咲いているので、やや混んでいる。

コロナの影響もあるのか、入園料も高くなったけれど、人が増えている気がする。

これから次々と花の咲く季節だから、もっと人が増えて行くだろう。場合によっては、入場制限をするそうだ。

 

f:id:kusagasuki:20210301200718j:plain

スミレ

f:id:kusagasuki:20210301131125j:plain

コゴメノイヌフグリ

f:id:kusagasuki:20210301131402j:plain

ユキワリイチゲ

可憐なスプリングエフェメラル(Spring ephemeral)春植物。春のはかないもの。春の短い命。

こうした小さな花たちが植物園の林の下や道の際にも咲いている。それを見つけながら、ゆっくりと道を行く時、春の訪れがだんだんと確実なものになっていく喜びが満ちてくる。

 

けれど、時々、植物園に公園のようなつもりでくる人もいて、ノルディックウォーキングのストックで、勢いよく土を突き刺しながら歩いていたりするのを見ると、植物が傷みそうで辛い。

この日は、いつも春の兆しを感じさせてくれる植物の一つ、蕗の薹が出ているかな、もう遅すぎかな、と思いつつ池沿いを歩いて行ったら、手の届くあたりのものは全て、むしり採られた跡があって、悲しくなった。

採集は禁止だが、秋には銀杏を山ほど袋に詰めている人もいたし・・・

木に子供たちがよじ登っているのも、確かに木登りできる環境など滅多になく、子供たちもかわいそうなのだけれど、古い木などは特に傷みそうでハラハラする。

 

f:id:kusagasuki:20210301131547j:plain

やっぱりトウがたっていた

 

昨年は、コロナのために長期間閉園になっていた。しょっちゅう、植物園のホームページを開いては、開園はまだかと確かめていたのだが、一方で、人が入って、下草が擦り切れたり、木の根元を踏み固められたりすることもなく、草木がのびのびと季節を謳歌している様子を思い浮かべて、草木にとっては、良いことだなとも思っていた。

誰にも知られず、満開になり、散って行く花・・・なんだか贅沢で素敵。

 

梅林に着いて、一つ、一つ、名札を見ながら花を見ていく。

風雅な名前が付いている。どんな人々が名付けたのだろう。

 

未開紅、雪灯篭、春日野、都錦、長寿、月宮殿、道知辺、蘇芳梅、月影枝垂、白加賀、

楊貴妃、白鷹、八重海堂、司枝垂、唐梅、冬の谷、玉英、藤牡丹枝垂、思いのまま、

古今集、八房、翁、開運、鶯隠、鹿児島紅、古金蘭、五節舞、故郷の錦、豊後・・・

 

一際、キリッと咲いていた「冬の谷」

f:id:kusagasuki:20210301131906j:plain

 

ピンクの花は名前が縁起のいい「開運」

f:id:kusagasuki:20210301131937j:plain

 

風雅な名前の中で、この名前は少々かわいそうかも「大輪緑萼」

花姿は、清々しい。右端にちょっと見えているのは鶯隠(命名者、お見事!)

f:id:kusagasuki:20210301143849j:plain

 

「桜もいいけど、梅もいいね〜」と言いながら歩いて行く人も。

皆、今年は春が特に待ち遠しかったはず。

 ほころぶ花のもと、みんなの顔もほころんでいた。

 

f:id:kusagasuki:20210301132108j:plain