イギリス スカイ島 1

f:id:kusagasuki:20210227172420j:plain

 

初めての個人旅行でイギリスに行ったのは、1990年。職場の先輩との二人旅だった。30年も前だ。すでに旅の記録といったものは何もなく、今となっては写真だけが記憶のよすがだが、その写真も大した枚数ではない。

 

写真の少なさは、無闇に写真を撮るのは旅行者丸出しで無用心だから、気を付けなさい、と出発前に散々言われたのもあるし、「旅で写真を撮るなど邪道だ。自分の目で見て、感じることこそが大切なのだ」という誰かの受け売りのような、若さゆえの気負いも少しあったと思う。

 

しかし、そもそも、あの当時使っていたカメラは、簡易なものとはいえ、今のスマホのように手軽に、撮ろうと思った瞬間に撮影できるものではなかった。デジタルカメラでさえなく、フィルムカメラだったから、持っていけるフィルムの量も限られた。旅の最初の方で撮りすぎると後半フィルムが足りず、写真が撮れない事態になる。いい写真が撮れたと思っても現像したらボケボケだったということもよくあった。

 

同行者の先輩は、慎重派で、事が起こる前からあれこれ心配するタイプの私と違い、事があったら、あったでなんとかなる、その時に考えればいいという、豪胆なところもあり、インスピレーションで動くタイプ。

タイプは違うのだが、なんとなくウマがあい、年が離れているのもあって、ビビリの私は、普段から後押ししてもらったり、引っ張ってもらったりしていた。

だから、自分一人だったらまずしないが、この旅では、到着した日のロンドン一泊と、一巡りしてロンドンに戻ったきたときに泊まる宿しか予約していなかった。その間は、各地の駅についたらまず「i」のマークのあるインフォーメーションセンターに行き、現地スタッフにあげてもらった候補から宿を選んで、その場で予約の電話を入れてもらって、宿に向かった。

 

f:id:kusagasuki:20210301090147j:plain

先輩がとってあった地図 スカイ島は一番左上

 

旅程は、ロンドンから一気にエジンバラに入り、その後インバネス、スカイ島、湖水地方を周り、グラスゴー(宿泊のみ)からロンドンへ戻る。10日ほどの旅だ。

 

f:id:kusagasuki:20210227173731j:plain

インヴァネス

f:id:kusagasuki:20210228081135j:plain

湖水地方

写真を見れば、訪れた地はどこも美しく、感激したはずなのだが、その記憶は淡い。30年経った今、実感として残っているのは、イギリスの食事の不味さだ。

エジンバラで客が溢れていたイタリアンレストランのパスタは味がしなかった。湖水地方の瀟酒なホテルで頼んだ、ベジタリアンのストロガノフ=米とドロドロに煮込んだ野菜、にも全く味がない。米の部分に塩をかけてなんとか食べた。ソーセージのような見た目だが全く別の不思議な食べ物・・・よく言われていたようにイギリスの食事の不味さは本当だった。

 

けれど、あれは美味しかった、と思える食事が一度だけあった。

スカイ島で出会った四人のおばあさん達と一緒にした野外ランチだ。

 

f:id:kusagasuki:20210227172625j:plain

ヒルトップ村