小石川植物園 3

f:id:kusagasuki:20210215224735j:plain

日本の伝統的な園芸植物、梅とか菖蒲などもそうだけれど、椿にも色々風雅な名前が付けられている。

小石川植物園の椿園はさほど広くはないけれど、種類が多く、木に付けられたネームプレートを確かめながら、花を見て歩くのが楽しい。

光源氏、紅唐子、天の川、歌枕、岩根絞、春曙光、白拍子、眉間尺、柊葉椿、玉牡丹、菊更紗、崑崙黒・・・

 

”太郎冠者” ピンク色が可愛らしい。

f:id:kusagasuki:20210215220121j:plain

 

こちらは ”百合姫

f:id:kusagasuki:20210215221359j:plain

 

和名の椿ばかりでなく、ダッチェス・オブ・サザーランド、ミセス・チャールズ・コップ、エミリ・ウィルソン、マソティアナ・ルブラなんていうのも。 

この椿園の入り口あたりには、他ではあまり見かけない、白い小花の椿やサザンカ類が集められている。アッサム茶の木もある。みな開花が早めなので、華やかな椿の最盛期にはすでに終わっていて、見損ねることが多い。

 

下のは、去年の11月下旬に撮ったアッサム茶の花 

f:id:kusagasuki:20210215222615j:plain

 

開花が早いと言えば、椿園内ではなく、低地側のメタセコイア林の手前にグランサム椿の木があって、これが白く大きな花を咲かせるのが見事。11月〜12月頃に開花する。

普通の椿とは葉の様子がだいぶ違い、艶々しているけれど、葉脈がへこんでシワっぽい。

白い花の真ん中に盛り上がるように、真っ黄色の雄蕊が集まっているのが、錦玉子を連想させ、見るたびに美味しそうだな〜と思う。

グランサム椿は、1955年に香港で発見され、当時の香港総督であったアレクサンダー・グランサムにちなんで命名されたそうだ。

紅葉に白い花って映えますね。

 

f:id:kusagasuki:20210215220514j:plain