三宝寺池のサギ

三宝寺池の周囲を歩きました。 イイギリの実赤くなってきました。今年は実が少ない年かな?(隔年で実の多寡がかわる) 先日、ナラ枯れの被害にあったコナラが切り倒されていましたが、また一本、かなり大きな木が枯れているのに気がつきました。 なんだかキ…

石神井公園 10月初頭の植物

日曜日の夕方、石神井公園に散歩に行きました。 4時半頃にもなると、暑くもなく寒くもなく。石神井池はボートで賑わっていました。散歩する人も多い。緊急事態宣言が解除されて、みんなちょっとリラックスした雰囲気。園内の茶店、豊島屋もお客がたくさん。…

金木犀は2度咲く

あれっ? と最初に思ったのは土曜日に小石川植物園で、金木犀と思われる木につぼみがいっぱいついていたのを見た時。 家の近所の金木犀は9月中旬に咲いて1週間もしないうちに散ってしまいました。 なので、だいぶ遅咲きなのかな? 品種が違うのかな?と思…

小石川植物園44

10月頭の温室 植物のお名前 以前は、植物園に行っても、温室はパスすることが多かったのですが、最近はまず最初に温室を覗いてみるようになりました。 こちらの青がとてもきれいな花 チョウマメです。 見にくいけれど、下の方の茶色いサヤ。細長くて豆が入っ…

小石川植物園43

東京地方、今日は暑かったです。風は爽やかなんだけれど、太陽光線がきつい。ベランダで土の消毒をしているところなので、有り難くもあるのだけれど、散歩にはちょっと暑すぎでした。 10月に入りましたね。先日百貨店に行ったら、もうお節の予約受付をして…

王女の涙

しばらく前に、ホヤを知ったきっかけとなった大庭みな子著『王女の涙』を読了しました。 kusagasuki.hatenablog.com ずっと気にかかりながら、読まずにいた小説です。 「文芸作品」と言われるような小説はここ数年、ほとんど読んでいません。昔、ある人が小…

ボードワン博士と小石川植物園

この間、かなり昔の写真展のカタログ「甦る幕末」をなんの気無しにパラパラめくっていたら、それまで読み飛ばしていたキャプションに目がとまりました。 「A・F・ボードワン医師の送別会。1870年8月、東京の大学東校で教鞭をとったボードワンが日本を去るに…

野草観察園あたり

前回、石神井公園に移築された古民家を紹介しましたが、その古民家の先に野草観察園があります。 こちらは、たいてい人が少なくひっそりとしていて落ち着けます 9月末、花は少なめです オトコエシ(男郎花) 数珠玉 紅白水引 カッコウアザミ 芙蓉 全体の雰…

憧れの古民家

石神井公園の一角に古民家を移築した場所があります。 「旧内田家住宅」 明治20年代初めに練馬区中村に建てられたもので、部材の一部には、江戸時代の古材も使われているそうです。 こちらに行った日は、間もなく十五夜という時だったので、お月見のお供えが…

雑草天国がなくなっていた

久しぶりに石神井川の土手がどうなっているか見に行きました。 既出写真ですが、6月に、ビロードモウズイカやヨモギが茂っていた斜面 この時の話↓ kusagasuki.hatenablog.com 写真右手の階段の上から、この斜面を見たら、きれいさっぱり刈られていました。 …

荒地盗人萩

一昨日、横断歩道をちょっと手前から斜めに渡ろうとして、反射板がついている道路の突起、「道路びょう」というらしいけど、それにつまずいて、ものすごく派手に転んだ。 カエルがベシャってなるみたいに。膝を打ちつけ、膝頭にひどい擦り傷ができ、左手の手…

ミストメーカー

現在ベランダに8鉢(+2鉢 何を植えるか思案中)の他に家の中に以前書いたアンセリウムが3鉢。それに2メートルちょっとあるショウナンゴムノキがいます。 時々霧吹きで水をかけていましたが、2ヶ月ほど前に、石神井公園の青山フラワーマーケットの店頭…

石神井公園 宵散歩

先日、昼間はよく晴れていたので、夕焼けが見られるかなと思って、石神井公園に行きました。 着いたのは5時過ぎ、この日の日の入りは、17:43 太陽は夕方の光になっていました ↑ユッカ 直径25cmほどもある大きな芙蓉が草むらに埋もれて咲いていました 少しひ…

新宿御苑温室 その2

順路を道なりに進むと乾燥地帯の植物が出現。 一つの大きな温室のドーム下に様々な環境に生える植物が同居しています。 橋の写真を撮り忘れてしまったけれど、橋の上からは滝も眺められます モンステラに実ができていました 小石川植物園では鉢植えだったベ…

新宿御苑温室 その1

間が空いてしまいましたが、新宿御苑の続きです。温室に入りました。 入り口のアーチでお迎えしてくれたフウリンブッソウゲハイビスカスは通常1日花ですが、こちらは数日花が咲いているそう。 久しぶりに訪れた温室は、植物がさらに馴染んで、大きく育って…

小石川植物園42

秋の花がどんどん咲いてきたので、新宿御苑温室は後回しで、先にリポートします。 小石川植物園39で紹介したフクロミモクゲンジが満開です。とてもきれいでたくさん写真を撮ってしまいました。 入口の木 園内の高地側にも大きな木がありました 高い木の上で…

曼珠沙華 

今日(19日)小石川植物園に行ったら、早くも曼珠沙華(ヒガンバナ)の盛りが過ぎていました。 もう花の色が褪せてきたので、昨年より1週間以上早くピークを迎えたようです。 植物園入り口近く メタセコイア林の下 高地側の方が、比較的色がきれいでした。 …

新宿御苑

久しぶりに新宿御苑に行ってきました。 新宿御苑は、春は予約制でしたが、今は人数制限はありますが予約不要です。ホームページで見た時間より、閉園が早まっていて16:30 15:00過ぎに着いたので、16:00で閉室してしまう温室を主に見ることにしました。 温室…

蘆花恒春園

いつも同じ場所に行ってばかりだから、たまには違うところに行こうと、世田谷文学館から10分くらいの蘆花恒春園に行ってみました。 徳冨蘆花が暮らした地とその周辺が公園になっています。 入るとすぐに竹林が広がる 独特の風情があります 蘆花ゆかりの建物…

安西水丸展

世田谷文学館で開催中の「安西水丸展」を見てきました。(9/20まで) 世田谷文学館に来たのは初めて。芦花公園駅にも初めて降りました。 上の写真の左手側は池になっていて、錦鯉がたくさん泳いでいる。 文学館からガラス越しに池が広がる不思議な眺め 展示…

おしゃれの季節

院展の案内をいただいたので、上野にちょっと行ってきました。 道すがら、先日予約して行ったのに人が多すぎて、ちゃんと見られず残念だった科学博物館の「植物展」の立て看板が立っていました。ラフレシアやショクダイオオコンニャクなどの絵がインパクトの…

ワクチン注射のおかげ? 

不思議なことがあったので、記録。 コロナ予防のワクチン注射、あまり気が進まなかったけれど、勤め人としては打たざるを得ないよな・・・と観念して7、8月で2回分済ませました。 接種を受ける前に、先に受けていた同僚などから、打った後は水分をよくと…

小石川植物園41

昔の温室 写真データを見ていたら、撮影したことがないと思っていた、小石川植物園の建て替え前の温室の写真が一枚出てきました。 奥側の背の高い温室は老朽化で、もうこの時(2013年)は、入れませんでした。 大きなヤシの木類が見えます。 写真の手前の温…

石神井川散歩 その2

コサギを見ていて時間を食ったので、ちょっと急ぎ足で駅に向かいます。 もうあまり目ぼしいものはないな・・・と思っていたら この川辺にあるのは、ムラサキシキブだと思っていたけれど、小石川植物園で見た、コムラサキでした。 コムラサキは、実つきが良す…

石神井川散歩 その1

草を見に行きたいけれど、雨になるかな・・・とグズグズしていたら、結構な時間になってしまい、2時半過ぎから石神井川へ散歩に行くことにしました。 快速が来たので、練馬高野台駅でなく、石神井公園駅からショートカットで石神井川へ出て練馬高野台へ向か…

映画も好き かなり好き

渚散歩のことなど考えていたら、海が恋しくなり、 海が印象的な映画でもみようかなと思って、どんなのが、あったかな〜と家にあるDVDを眺めていたら、あれこれあって、ついベスト10を作ってしまいました。 独断と偏見の「海がすてきな映画」10本、ご紹介…

渚散歩

植物も元気をくれるけれど、砂浜で波を眺めたり、波打ち際を歩くのは、本当に気持ちがよくてリフレッシュします。 海辺の宿に泊まって、早朝に渚を散歩するのは至福の時間。 友人たちとも度々訪れた入田浜。朝寝を楽しんだり、朝風呂でくつろぐ友人たちに、…

海岸植物

海派か、山派か、と問われたら、やっぱり草好きとしては、山派とこたえます。 でも正確にいうと、山というより、野派? 高山植物などの希少なものより、雑草好きだし、高地などの植生の限られたところより、いろんな草が雑多に生えているところが好み。 とは…

可憐な見た目の手強いツル植物

朝、自転車で通勤途中、車道脇の植え込みに朱赤の小さな花が咲いているのが見えました。 眼は悪いけれど、植物だけは目ざとく見つけられる。 子供の頃から鍛えた「植物眼」です。 遠くから見て、ルコウソウかな? と思い、そばに寄ってみたら葉っぱが違いま…

小石川植物園40

9月頭の温室と分類標本園 先日、ご紹介したマユハケオモト(小石川植物園38) 葉っぱの間で花が咲き出して、ムギュッとなっていたのが、ちゃんと茎が伸びて花が広がってきそう。 Hoya multiflora 他のホヤに比べると少し繊細な印象の花 英名 ” Shooting sta…