小石川植物園

変わり朝顔

小石川植物園の温室3には地植え部分以外に展示コーナーがあります。先日は、変わり朝顔の展示がしてあり、遺伝子の研究についての解説がありました。 理数系の頭ではないので、ゲノムとかトランスポゾンとか言われると、すぐに「無理」となってしまうのです…

夏空

何となく閉塞感。スッキリしない近頃は植物依存症に拍車がかかって、隙あらば草を見に行きたくなってしまう。 植物園で、先日も飽きることなく、植物を撮りまくっていましたが、後で見たら空がきれい。 青い空に白い雲。夏空っていいですね・・・ 楠の巨木 …

小石川植物園28

温室の植物3オオシマコバンノキのWin-Win?関係 小石川植物園に新しくできた温室の中心部、温室3です。ここだけ、植物が地植えになっています。正面入り口を入ったところが温室3になります。 左端はヒスイカズラ(翡翠葛)ですが、移植されてから、まだ花…

小石川植物園27

温室の植物2 先日温室1の植物を紹介しましたが、今日は温室3を除く2〜6の温室の中で目についた植物を紹介します。 温室5には小笠原諸島の植物が置かれています。 こちらは、ムニンノボタン 名前の頭にムニンがつく植物が色々あるのですが、江戸初期に…

小石川植物園26

温室の植物1 暑いですね。 さらっと文章少なめでいきます。 6室ある温室はこんな配置 冷温室から出て、温室5の側面から入ると中はこんなふう ズンズン進んで、温室1(乾燥地帯の植物)を見に行きます。 パイナップル かわいい^^ こちらはパイナップル…

小石川植物園25

冷温室の植物 植物園の開園時間は9:00~4:30(入園4:00まで)ですが、温室は、10:00~15:00 いつも園内のあっちに引っかかり、こっちに引っかかりしているうちに、気づくと15:00頃ということが多くて温室に行かずじまいになってしまうことが多いです。 やはり…

小石川植物園24

梅雨明けしたら、一気に暑くなりました。 散歩には向かないけれど、今でなければ見られない花があるので、植物園に行ってきました。 入り口付近 どんな花が咲いているかな、と期待が高まります。 影が濃い まずは下側の道を進みます クルクル渦巻きの新芽が…

萱草と水引草

今、小石川植物園では、あちこちに萱草の花が咲いています。 八重のをヤブカンゾウ、一重のをノカンゾウと呼ぶそう。 萱草は見ると憂さを忘れると言われ、別名「ワスレグサ」 昔は、特にいい香りもしないし、憂さを忘れるというほど、いい花かな? と疑問に…

小石川植物園23

6月下旬の植物園 週の頭の天気予報では、週末からしばらく雨マークが続いていたので、天気が持ちそうな今のうちにと、週中に植物園にちょっと行ってきました。 9時半くらい、園内はほとんど人がいません。木が茂って、林の下などは小暗い感じ。湿気もかな…

小石川植物園22

植物園のスター植物と6月中旬の園内 小石川植物園では、主だった木などに名札が付いていますが、自然な景観を邪魔しない、程よい加減なところがいいな、と思います。 そんな植物園で、立派な解説板が立っている植物がいくつかあって、今日はその中の3つの最…

白松

写真のデータを整理していたら、もう5年前ですが、ちょうどこの時期に京都へ行った写真が出てきました。 京都にはある展覧会を見るために一泊二日で出かけ、現地で友人たちと落ち合って過ごしたのですが、二日目は朝食後に別れて一人で哲学の道の方にある、…

半夏生

石神井公園の半夏生(ハンゲショウ)が白くなってきました。 5月のあたまは、みどり一色 6月のあたま ハンゲショウという名前は、半分お化粧をしたような葉の見た目から付いたという説と、暦の半夏生(夏至から数えて11日目 またそれから5日間 今年は7/2…

シダ

6月の小石川植物園は、緑もりもり。道の左側、中程にある丈の低い鶯色の植物がわかるでしょうか? 大きなシダの茂みです。小さな池に覆いかぶさるようにして生えています。 正面から撮らなかったので、去年の8月に撮影したもの このシダの茂みの中から、新…

小石川植物園21

6月初旬 植物園の花たち この時期の代表的な花といえば、紫陽花。 植物園にある紫陽花は、古風なものが多いです。紫陽花と言ったら、この感じが最もポピュラーでしょうか? こちらは、少し新しめかな?若いカマキリがとまっていました 額紫陽花もいいですね…

小石川植物園20

6月1日から小石川植物園が再開したので、久しぶりに行ってきました。 緑がさらに深まっていました。 藤棚もこんな 植物園には菖蒲田もあるんですが・・・右奥は梅林 雑草が・・・野趣あふれる菖蒲田です。 梅の実も大きくなりました。こちらは、その名も「…

寄生植物と懐かしいマンガ

先日、小石川植物園に行った時に、見慣れない草がありました。葉っぱがないので、寄生植物かなと思ったら、やはりそうでした。ヤセウツボ。 ヨーロッパから北アフリカにかけて原産のハマウツボ科の帰化植物。マメ科、キク科、セリ科などの植物に寄生するそう…

小石川植物園 19

植物園本館 先日、植物園内の「ちいさいおうち」(18)について書きましたが、植物園本館もなかなかすてきな建物です。残念ながら、中の見学はできません。 設計は安田講堂なども手がけた内田祥三氏によるものです。真ん中の塔は左右に時計がついています。そ…

カラタネオガタマ

土曜日に小石川植物園に行った時に、一番期待していたのが、カラタネオガタマの開花でした。今までずっと見たかったのに機を逃し続けて一度も見たことがありませんでした。 木は遠目に見ると花が咲いているのか全然わかりません。 近寄ってみると、下の方は…

小石川植物園18

植物園内の「ちいさいおうち」 今年の春はずいぶん小石川植物園に通いました。春は、三日もすると植物の様子が全然違ってくるので、植物園内に住みたいくらいなのですが、実は、こんな家に住みたいという憧れの「ちいさいおうち」が園内にあります。 煙突も…

小石川植物園 17

お名前のない木 2本 今日4月25日から5月11日まで、植物園は臨時休園になってしまいました。 ゴールデンウィークに行けないのは、がっかり。昨日はその分、たっぷり楽しもうと、お弁当におやつも持参で行ってきました。 園内はさらに夏へと向かっている風情。…

小石川植物園 16

昨夜はすごい雨だったけれど、今日は青空。風が強いけれど、暑くも寒くもなくいい季節。植物園もとても賑わっていました。 桜並木もすっかり青葉 今目立つのは、ツツジの類 セイシカ(聖紫花) なんじゃもんじゃの木こと ヒトツバタゴの花が満開でした こち…

小石川植物園 15

4月中旬の植物園 この時期の植物園は、3日ほど経つだけで、植物の様子がだいぶ違うので通い詰めています。 こちらは、旧東京医科学校本館です。現在は東京大学総合研究博物館の小石川分館となっていて、建築ミュージアムとしての展示を行っていたのですが、…

小石川植物園14

葉桜の季節になりました フジが咲き出しています 日本庭園側のフジも 定点観測もう桜の木がどこにあるか、わかりません 梅園のそばに一本、八重桜がまだ花をつけていました 優しいピンクに和みます。サトザクラ「晩都」 「おそみやこ」と読みます。いい名で…

小石川植物園 13

白い花たち 植物園のホームページにハンカチの木の花が咲いているとあったので、見てきました。 咲き始めは緑がかっていて、ぱっと見は花が少なく見えたのですが、よく見ると上の方にたくさん咲いています。 わかりにくいですが、木の葉の中に濃いめの丸がぽ…

小石川植物園 12

4月初旬の植物園 2 桜草の展示をやっていました。 桜草も江戸時代に園芸ブームがあった、昔からの園芸植物です。やはり、風雅な名前がついています。 こちらは、「舞紅葉」繊細な工芸品のようですね。 木の方の桜 ソメイヨシノはそろそろ葉桜に 遅咲きの桜た…

小石川植物園 11

4月初旬の植物園 1 花もいろいろあるけれど、こんな緑も今だけ。 播磨坂の桜はもう葉桜になりつつありました。そして植物園の木々の緑がずいぶん目立つように。建物の後ろ、右側に何本か見えるのがメタセコイアの林 こんなに芽吹きました 葉っぱはこんな そ…

小石川植物園10

3月末の植物園 花びらの絨毯ができていました。 桜並木のソメイヨシノはだいぶ散ってきました 他の桜は満開のも。まだしばらく楽しめそう。 花がひときわ大きい、「太白」 八重桜の「一葉」 遅咲きの桜たち どれがどれだか分からなくなってしまった・・・昭…

小石川植物園9

前回訪ねてからまだ3日しかたっていないのに、もう園内の植物の雰囲気がちょっと違っていました。 桜は、満開! グラデーションがきれい 咲き始めだった紫桜もこんなに カリンも どこもかしこも花盛り 若葉もさらに開いてきました セイヨウバクチノキ 山吹 …

小石川植物園8

この春色、待っていました!!! 前回は桜尽くしでしたが、この時期、植物園内はあっちにもこっちにも心惹かれる光景が!上を見たり、下を見たり、忙しいです。 モミジも赤い花をたくさんつけています。 トキワマンサクも日向の木はもう花盛り シナサワグル…

小石川植物園7

桜づくし! 桜、あちこちで満開ですね。昨日の小石川植物園は、ソメイヨシノは、8分〜満開という感じでした。今日も暖かいので、どんどん咲き進んでいそうです。 まずは、道中の播磨坂から。 毎年、この播磨坂が賑わう、文京桜まつりは今年は中止だそうです…